個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-07-07 (Thu)
頭痛持ち。


という人がいます。

わたしは幸いにして、余程疲れが貯まらないと頭痛は起きないほうですが
周りには結構この頭痛持ちがいます。

カイロの施術によって、身体の歪みからくる頭痛や、肩こりなどの筋緊張性の頭痛など
たくさんの症状が改善されることがあります。

ただ、どうしても今痛いのよ!薬飲んで止めないと!!!
といわれる患者様には、なかなか今は我慢してください。とは言えない時があります。


先日もかなりの頭痛持ちの方が居られました。
いつものこめかみあたりの頭痛から始まった頭痛。
常備している?ロ〇ソ〇ンを飲んで寝ましたが、頭痛はひどくなるばかり。

終いには頭全体で象がダンスしているような、ひどい拍動性の頭痛が来て
いよいよ心配になり脳外科にかかりました。
そこに付き添ったので知ったことです。


脳外科の先生は、さすがにCT画像だけで判断されるわけではなく
神経学的検査もしっかり行なって説明をしてくださり
頭痛の原因というのはよくわからないけれど、大きく分けて3種類の頭痛があると言われました。

それは、いわゆる頭痛と片頭痛と両者の混合性。
特徴としては
いわゆる頭痛は、頭全体の拍動性の頭痛。
片頭痛は、特定の箇所のズキズキする痛み。
混合性は、これらが重なっておこるタイプ。

このときに効果のあるお薬はそれぞれ違います。
自己判断で薬を飲むと、むしろ逆効果でひどい頭痛になったりするようです。

結果、この方は最初に飲んだ頭痛薬が間違っており、そのせいもあって
別の形で頭痛がでてしまったので、混合性とも違うけれども
薬を正しく服用すれば症状が治まるのでは。。

ということで薬を二種類処方していただきました。
片頭痛のほうのお薬は新薬らしく、一錠なんと900円。(3割負担でも270円)
良心的な先生は「様子を見るため3錠だけ出します。」と言われました。


さて後は飲み方ですが。
実際は症状にもはっきりした境はないので、どちらがきくのかはトライ&エラーのようです。

症状にあわせてどちらかを飲んでみて、もし効果がなければ3時間たってから
もう一種類を飲む。この方法で徐々に自分の頭痛に慣れていくのだそうです。


処方された薬で症状は消えました。


頭痛が起きない身体を目指すことはもちろん大切ですが、起きてしまったときに
自己判断で薬を多用ぜす、専門医に相談するという選択も大切だなと思いました。


一番怖いのは頭痛にひそんでいるサイン。

いろんな病気のサインを身体は発しています。

頭痛もそのひとつ。


CTはお金もかかるしちょっと特別な感じがするけど、その潜んでいる病気がないかどうか。

それを確かめるのには必要な検査ですね。
* Category : 健康を考える♪
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。